製薬オムニチャネルマーケティングの情報提供Webサイト
PR リリース4年で医師の約3人に1人が利用! 急成長する臨床支援アプリ「HOKUTO」を活用したデジタルマーケティングの独自性とは?
検討フェーズ実行プランを決める 

リリース4年で医師の約3人に1人が利用! 急成長する臨床支援アプリ「HOKUTO」を活用したデジタルマーケティングの独自性とは?【PR】

記事公開日 2024.01.24
お気に入りに登録
記事公開日 2024.01.24

医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」はリリース後4年で、医師会員数約10万人(日本の医師のほぼ1/3に相当)に急成長した。

この背景には、現代医師の抱える課題とHOKUTOが提供する独自の機能がある。本記事では、HOKUTOが多くの医師に使われる理由と、独自の医薬品マーケティング支援サービスを紹介していく。

目次

現代医師が抱える課題

現代において医療は急速に進歩し、世界に存在する医学情報はわずか数ヶ月で2倍になるほどのスピードで増加している。

そのため、医師にとって避けて通れない道である、「医学情報の絶え間ないインプット」と「臨床現場での正確なアウトプット」の負荷は増大し続けている。その結果、医師は情報を日常的に調べながらでなければ、臨床業務を行うことが難しくなりつつある。

HOKUTOのサービスコンセプト

このような、医学情報の洪水に苛まれている医師をサポートするために開発されたのが、「臨床支援アプリHOKUTO」である。

HOKUTOには2つの機能がある。

1つ目は、「アウトプットを支えるための医療ツール」としての機能である。医学用語に特化した独自の検索エンジンを搭載しており、薬剤や疾患に関する必要な情報を素早く引き出すことができる。

2つ目は、「インプットを支えるための医療メディア」としての機能である。タイムラインでは、有名研修病院のナレッジシェアや最新の医学ニュースなど、ユーザー医師の興味領域に応じた医学情報が随時配信される。また、気になった情報は保存し、必要な時にいつでも引き出すことが可能だ。

HOKUTOは、これらの2つの機能によって、医学情報の「インプット+アウトプット」をシームレスにサポートし、情報過多時代の医師の情報収集の負荷軽減を実現している。具体的には、医師は、休憩時間や帰宅後などの業務時間外にメディア機能で気軽に情報をインプットし、臨床現場において業務時間中にツール機能で素早く情報を確認し、アウトプットするという形でアプリを利用している。

・ユーザー医師インタビュー
https://note.com/hokuto_inc/n/n510f44d4148d

(2024年1月時点)

医薬品マーケティング支援サービスは導入企業数30社を突破

HOKUTO Marketing Solutions

HOKUTOを活用した企業向け医薬品マーケティング支援サービスが「HOKUTO Marketing Solutions」である。医師のインプット+アウトプットを支えているスマートフォンアプリとしての特徴を活かした、独自の医薬品マーケティング支援を提供している。

HOKUTOのデジタルチャネルとしての独自性

HOKUTOをデジタルチャネルとして見た時、2つの独自性がある。

1つ目は、「リーチ可能医師」である。

HOKUTOは、スマートフォンアプリネイティブなUI・UXであること、単なるメディアだけでなく医療ツールが備わっていることなど、医師目線で他のチャネルにはない特徴を備えている。

これらの特徴によって、若手の病院勤務医を中心に独自のアクティブ会員基盤が形成されており、これまでのチャネルでリーチ困難だった医師への情報提供を実現している。

2つ目は、「臨床現場での行動変容を促すアプローチ」である。

従来のデジタルチャネルは、臨床時間以外での情報提供を主とするものが多かったが、HOKUTOには医療ツールとしての機能が備わっており、単なる製品認知獲得に留まらず、臨床現場での行動変容を促すアプローチを実現している。

例えば、検索などの利用データをもとに、症例を受け持っているタイミングをシステムが予測し、その瞬間に関連医薬品の情報提供をすることができる。その他にも、鑑別想起を忘れがちな希少疾患の存在をリマインドしたり、アプリ上に関連資材やMR・専門医への相談導線を掲載することで、医師の臨床疑問に素早く応えたりと、それぞれの医薬品のマーケティング課題に応じた多様なアプローチが可能となっている。

スペシャリティ領域の医薬品を中心に、製薬企業での活用が急速に進む

「HOKUTO Marketing Solutions」の導入企業数は30社を突破。(2023年12月時点)

スペシャリティ医薬品(がんや希少疾患などの難治性疾患の治療薬品)を中心に、医師のニーズに即したタイミング・個別化の情報提供ニーズがより高まるなかで、医薬品の適正使用の推進や医薬品の効果的なプロモーションをより進めるために、多くの企業での活用が進んでいる。

・医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」に搭載、MSD株式会社の免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダ®適正使用ガイド
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000030964.html

・世界中の希少疾患の問題解決「レコルダティ」✖️医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」2023年4月 先天性代謝疾患の専門医相談サービス開始〜 希少疾患の認知向上を目指し、専門医との迅速な連携を図る 〜
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000030964.html

医師のニーズに沿った新しい形の情報提供を

今後、スペシャリティ化による医薬品の複雑化が進んでいく中で、情報の洪水の最中にある医師に情報を届けるには、医師のニーズを捉える重要性がますます高まっていくと考えられます。

HOKUTOは、臨床現場で実際に使われるアプリであるという特徴を活用し、医師のニーズに沿った新しい形の情報提供の実現をこれからも目指していきます。

弊社のサービスに少しでもご興味を持っていただけましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

記事提供:株式会社HOKUTO

お気に入りに登録
Page Top